こんにちは。最近アニメ「ユーリ on Ice」にハマってます。
でもPPAPには一切ついていけてないパッションです\(^o^)/
時々このアニメのラジオを聞きながら仕事をしているのは内緒。笑
(映像もキャラもストーリーも素敵なのでまだ見てない方は是非。笑)


さてさて。
実は最近求人サイトの私のスタッフ紹介記事をこっそり最新版に変更しました。(ΦωΦ)フフフ…

f62d5f505aef38dde1be4a64c55bafde

ずっと1年前の内容が掲載されていたのですが、現状はだいぶ変わってしまっていて個人的にそれがちょっと気にかかってたんです(;^ω^)

というわけで今回は私のスタッフ紹介ページを編集・公開するまでの流れを例に、弊社での仕事の進め方について少しご紹介できたらと思います♪
 

1:【周知】グループチャットでタスクを設定 
今回は自分の紹介記事を自分で編集するだけなので、求人サイトの会話をする専用のグループチャットで「自己紹介の内容を最新版に編集する」タスク機能を使ってタスクを設定。
「こういうことを考えていてこの作業をしますよ」という自分の作業予定を周知をします。
今回の作業内容は利益やアクセスに影響するものではないので、特に相談せずに周知のみです。
もし問題があればグループチャット内には関係するメンバーが全員参加しているので、誰かから返信(ツッコミ)が来ます。「何かあれば言ってね」的な。笑


2: 【タスク実行】実際に自分の紹介文を編集して公開
このタスク自体は急ぎのものではないので他の優先度の高い作業を終わらせてから、自分のタスクの隙間時間を見て着手します。


3:【完了報告】
日報・該当のグループチャット(今回は求人サイト用グループチャット)・つぶやき など、どこでもいいので関係のありそうなチャットで「編集完了!」といった報告をして終わりです。
「私の今のタイムスケジュール更新したから皆見てもいいのよ」的な。笑


はい。これで終わりです。(*^^*)

なんかリストにするとすごい短い気がする。(他社さんと比べるとどうなんだろう…?)
でもこの間に私も色々考えているのです(`・ω・´)シャキーン


まず基本的にこのようなリスクの低いちょっとした改善タスクなどは、わざわざ誰かの手を止めて同意を得たりするのも効率的ではないので、予告・事後報告などで簡易的に全体に知らせます。
そして誰からも意見がこなければそのまま着手して速やかに作業が完了するわけです。(*´ω`*)

もちろん予め相談しておいた方がいい大きな変更(理念に関することや、利益に関わるものなど)なら、事前にチャットで皆に相談してから作業をしていきます。

「これは相談すべきか、事後報告のみでいいかどうか」など、その線引きは随時自分で考えて判断します(*^^*)

またどんなに小さなタスクであっても、必ず「情報共有(発信)」をします。

・日報に書く
・つぶやく
・githubのログに残す
・チャットのタスク機能でタスクを設定し完了させる(完了ログが流れるので)
・チャット上で何らかのログを残す

などなど。
報告や周知の仕方はタスクの規模・他者との関わり具合や自分の立ち位置によってバラバラですが、必ず自分が「何をしたか」という形跡はどこかに残して共有します。

そうすることで、その報告を見た人が

こういうやり方、考え方もあるよ とアドバイスをくれたり、
自分も◯◯をしよう、と何かアクションを起こすキッカケになったり、
ちゃんと◯◯してくれてるんだなーという信頼感に繋がったり
するからです。 
 
お互いに顔が見えない中で、どこで何をしているか分からないリモートワークだからこそ、自らが情報を発信しなければ、ただの「何をしてるか・何を考えているのか分からない人」です。
弊社ではこれを ”存在しないことと同じ” とよく表現しています。

例え成果物がどこかのタイミングできちんと上がってきたとしても、その過程において周囲と情報共有やコミュニケーションを疎かにしていては、”成果物”に信頼はしても、”その人”を信頼するのは難しいなぁと思います。
お互い人間ですから、普段何を考えてるか分からない人を信頼できないし、ましてや自分のお給料がなくなっても一緒に働きたいとは思えないですよね…(^_^;)

もちろん過程ばかりで成果がないのも困りものではありますが(;^ω^)
ただコミュニケーションを大切にしてる方で、今まで成果がなかった方は、今まであまり見なかった気がします(*^^*)


ですから私もやりすぎなくらいに情報を発信することを意識するし、
弊社のスタッフは全員それを求められているのですね(*^^*)