210b0b614ebda0f1917ce338d90b3cc8_s


突然ですが皆さん、ストレングス・ファインダーはご存知でしょうか?

ストレングス・ファインダーとは?

リベラルアーツでは全スタッフがストレングス・ファインダーの診断を受け、全34種類ある資質(強み)がそれぞれどういう順番で並んでいるのかを知り、スタッフ間で共有しています。
順番が上であればあるほど、日頃自分の無意識レベルで現れる資質です。
人にもよりますが、私の場合は日頃の自分の行動を振り返ると、TOP1〜8位までの資質は、無意識に出ていると思います。(・∀・)
逆に下の資質、私の場合は21位〜34位の資質は苦手、不向きな資質と捉えています。(*_*)

弊社求人サイトのスタッフ紹介にも、各スタッフの上位5つ・下位5つの資質が掲載されています(*^^*)

私の上位・下位の資質5位はというと…

1.個別化
2.自我
3.適応性
4.学習欲
5.回復志向
〜〜〜〜〜
30.戦略性
31.ポジティブ
32.指令性
33.未来志向
34.成長促進

それぞれの資質が何を表すかは、簡単に自己流の説明すると

「個別化」…個人の可能性に目を向け、人それぞれに合わせたカスタマイズが得意。
「自我」…自分がどれだけ周囲にとって重要なことを成しているのか、それを重視したいし知りたい。
「適応性」…柔軟性が高く、変化が好き。人に合わせるのは苦にならない。
「学習欲」…知的好奇心の塊。「知らない」が「知った」状態になることが楽しい。
「回復志向」…問題解決が得意。人の「困っている事」を解決したい。
「戦略性」…物事を達成したい時に複数のプランを考える
「ポジティブ」…文字通りポジティブ。笑
「指令性」…物怖じせず、どんな逆境でも主張したいことを主張できる
「未来志向」…現状に満足せず、より良い未来を見据える。
「成長促進」…他の人が持つ可能性を見抜き、人の成長が好き。

という感じです。
具体的なことは検索したら関連記事たくさん出てくるので割愛(^q^)

※なお、ストレングス・ファインダーの結果は独自に分析しているにすぎないので、正確性に欠けます。もし興味をもって詳しく知りたい方は、ググったり書籍を購入したりしてみてくださいね!!(*^^*)

 
診断を受けた当初は「これ当たってる」「これは当てはまらない気がする」とか、色々思うのですが、
それぞれの特徴を深く理解していき、過去の自分の成功体験と失敗体験に照らし合わせると、
自分のことを客観的に見ることができるようになり、
なおかつそれを言葉として説明できるようになりました。
 
これは自分の中では大きかったです。

自分がどういう人間か、何が得意で何が苦手かどういう状態だと失敗しやすいのか成功しやすいのかを知れるようになりました。

ストレングス・ファインダーを受ける前は苦手なことに対して
「どうして皆これができるのに自分にはできないのだろう」
と悩んだり、
「自分には簡単にこれができているのに、どうして◯◯さんはできないのだろう」
と思うこともありました。

ですが、人それぞれの強みと弱みをストレングス・ファインダーというツールを使って客観的に知れるようになったことで、上記のような考えは一切なくなりました(*´ω`*)
会社として大々的にストレングス・ファインダーを導入したことで、この意識はチーム全体で共有されているので、各自が自分の得意分野で誰かのサポートに回ろうと自発的に動いたり、意見が分かれた時もお互いの考えを尊重しながら行動する力がグッと高まったように思います。
(もちろんベースとしてそういう気持ちを持って行動できるスタッフばかりなのもあると思いますが)

また、自分の成功パターン失敗パターンを意識できるようになるということは、

失敗を未然に防げたり、逆に得意なところはどんどん伸ばすことができます。
また自分が苦手なことには、それが得意な誰かにサポートをお願いすることができるようになりました。
もちろんサポートしてくれた方には全力で感謝し、
その代わりに自分の得意なことで周囲に貢献するようにします。



私の場合、上位資質と下位資質を見ると、
将来のことや先を見通して物事をあれこれ考えて決定するのが苦手で、
それよりも「今」何をすれば周囲の役に立てるかを考えて行動することが得意だと言えます。
ですので、企画(アイデア出し)や計画は誰かにお願いしたり、自分がやらなければいけない立場の時も、人に相談するように意識しています。
その分、意見は柔軟に受け入れて相手に合わせて動ける方なので(合わせすぎないように注意も必要ですが)、「これを実現するには、こういう行動が必要だな」と考えて早め早めに行動する役割を担うようにしています。(*^^*)

まだ個人としても会社としても、ストレングス・ファインダーを100%理解して使いこなしているとはとても言えないのですが、普段の生活の中で意識したり、行動することで、より良い方向へ自分を活かしていけるのではないかと思います。(*´ω`*)



余談ですが、ストレングス・ファインダーの資質は、資質の組み合わせ次第で人それぞれ違う行動に現れます。

例えば私の場合は「自我」✕「学習欲」で、学習意欲は仕事に関することに向くことが多いです。
その方が直近で誰かの役に立ったり喜んでもらいやすく、仕事の成果にも繋がるので、その結果自分の「自我」を満たすのだと思います(・∀・)

それが同じ「学習欲」でも「収集心(もの集めが好き)」を持つスタッフは、趣味でも仕事でも興味が向くものは何でも勉強するようです。
しかも「最上志向(高い質を求める)」も持っているので、学習したことは資格取得レベルにまで行くことがあります Σ(・∀・;)!!

そうして各スタッフの資質を知り日頃の行動を見ては、
「この人はこんなことが好きで、こんなことには怒るんだなー、こういうことは苦手だけど、こういう時はテンション上がってるんだなー」
という、「個性」を見出してニヤニヤと喜ぶ「個別化」1位の私…w(*´ω`*)


ストレングス・ファインダー…本当に興味深いというか、面白いですね。笑