d4b826871a8d82d2e2396ede8534cbba_s


おはようございます。
もうそろそろ寝る時間のデザイナーきょんきょんです。 


実は最近社内に新しい制度がいくつか増えました。
そのうちの一つが「目薬支給制度」です。

目にフォーカスを当てた制度は既に、

・ブルーベリーアイ制度
・蒸気でホッとアイマスク制度
・PCメガネ制度

などがありますが、やっぱり体が資本。
特に目は酷使している方は多いのではないのでしょうか。
そんなお目目を手厚くケアしてあげるのはとても大事なことです。



さて、今回の目薬支給制度を作ろうとなったきっかけなのですが、ある一人のスタッフの呟きからうまれました。




685b5106418c82d475f50bf75beb2b22

「ドライアイつらい パサパサ」

 

これだけ。
たったの12文字から産まれた制度なのです!

一見情報量 が少ないように思えるかもしれない呟きですが、
呟いた方の悩み、思い、活動している時間、など様々な情報が発信される事があります。

雑談・つぶやきに共感・共有し新たな制度が産まれる事や、改善案や効率化、新たなプロジェクトが産まれることも多くあります。
他にも、お互いの特性や活動時間や今の状況を理解し合えたりするかもしれません。

距離が離れていても、業務の合間のちょっとした呟きでより良い環境にできる・改善できる事があるなんて素敵ですよね!

勿論呟く頻度や内容、他のスタッフへの返信なんかも全て各々の裁量で行っております。

ご自身が有意義だと思った事以外にもプライベートな事や、ちょっとニッチでオタクな話でもどんなことでも呟いていいのです。
もしかしたら業務時間とは全く関係のない小さい情報発信が何かを変えるかもしれない、そんなワクワクもあるかもしれません。


「情報発信・情報共有の ちからって すげー!」


上記のつぶやきもそうですが、リベラルアーツでは情報発信・情報共有という文化をとても大切にしています。
どんなに技術があって、売上をあげていていたとしても情報が発信・共有されていなければチームでその人が何をしているのか、進捗はどうなっているのかが全くわかりません。
もっと別の改善案があったり、優先順位の変更があったり、周りの方が心配・不安になってしまうこともあるかもしれません。
リモートワーク・フルフレックスで働く時間・場所を管理していない、信頼の積み重ねをベースとした働き方では致命的な事の一種かもしれません。

仲間のスタッフ同士、お互いが安心して働けるようにどうしたらいいのか、何を伝えたら良いのか
そういった情報発信・情報共有を「常に考える」事もリベラルアーツの働き方ではとても重要です。