ce4716dcf863e3b17201925b0c1b5792_s

たくさんの求人のご応募を頂く中でフリーランスをされていた方からの応募を頂くことも増えてきました。m(_ _)m

そこでフリーランスの方でもチームで働く意味を考えてみました。


●孤独感について
リモートワークだと淋しくなったりしないの?と聞かれるのですが
フリーランスとリモートワークは似ているようで違うと思います。
フリーランスはあくまで発注-外注の概念ですから納期までの間は一人で作業をする事が多いと思います。
一方リモートワークはあくまでチームで働いており、共通の理念を持った仲間が同じ方向に向いて働いています。

そのためちょっとしんどいなぁとか一息つきたいなぁと思った時、黙々と作業している時に例え目の前に居なくても画面の向こうで共に頑張ってくれてる人が居たら頑張れるのではないでしょうか。



●教え合いが出来る
プログラマやデザイナーは何か一つ問題とぶつかるとその解決にとても時間がかかる事があります(いわゆるハマってる状態)
その時WEBで検索してすぐに出てくるような問題なら良いのですが概ねそうではないケースが多いです。
プログラムだけではなくデザイナーの領域だったりサーバーサイドの問題だったりと原因が多岐に渡ることが多く一人では解決が難しいこともあります。

そんな時既に経験のある先輩スタッフが教えてくれたり、皆で考えることで問題が早く解決出来たり新たな角度からのアプローチを考えることが出来たりします。

フリーランスの方でも自分でチームを組んでいけばそういった事も可能かもしれませんが、やはり同じ理念を持った仲間達はいつも心強い存在になると思います。



●開発や得意な事に集中できる
フリーで個人として活動している場合、営業活動やプロジェクトの打ち合わせ、請求書の発行、売掛金の回収や取引先とのトラブル等々開発以外の業務の手間は膨大になります。
それら全てが得意という人は居ないと思いますし、仮に出来たとしてもパフォーマンスは発揮しづらいのではないでしょうか?

また安定して毎月仕事を取り続け、更に自分が体調不良や怪我になると明日から収入は0になってしまう。

一方チームとして活動する事でそれぞれ得意な事で助け合えますので自分は開発に集中出来たり、体調を崩した時には他のメンバーが支えてくれます。



と、色々なメリットをご紹介しましたが、
逆にいえば組織に所属する事で一発当てて大儲けはしづらいかもしれません。
リベラルアーツのスタッフを見ていると、自分達の自由を守るための売上に関してはシビアな目を持っていますが、自分達のお給料に関してはあまりお金にこだわっていないスタッフが多いように思えます。


もちろん自分達の生活が豊かになるために頑張っているし、生活出来ないのは困ります。
ただ自分だけが豊かになればそれで良い。と言った人や、自分が頑張ったんだから自分にもっと還元して欲しい。と言った人は居ません。


「自分達の自由が増えるなら、この人と働けるなら別にボーナスはなくても良いかなぁ〜」
そんな会話も聞こえてくるぐらいです。


成果はチームで分け合う文化で、自分が上手く行かない時に助けてもらう時もある。
そういった事をよく全員が理解してくれてるんじゃないかなぁと思います。