img1
年末ですね。皆さん年賀状は書き終わりましたでしょうか?
個人的なことになりますが、私は絵を描くのが趣味なので、同じ趣味の友達とイラスト交換を兼ねた年賀状制作を毎年行っておりまして、普段紙もペンも全然使わないのですが、ここだけは未だにアナログなやり取りをしています。
メールやLINEの一斉送信で済む昨今だからこそ、大事な人とはそういうアナログなコミュニケーションも大事かなぁと思っています。
決して止め時が分からなくなっているとかではないのです。\(^o^)/
そんなパッションです。\(^o^)/


今年最後のブログ更新は「とあるリモートワーカー(略してリモワ)の日常 後編」ということで、
求人応募者の方からよくいただく、


「リモートワークで何か不安はありましたか?」


というご質問について。
普段リモートで働いている わかにゃん と きょんきょん にリモートワークについてガッツリインタビュー致しました(*'ω`*)

後編はリベラルアーツ初のフルリモートワークスタッフ、入社1年目の きょんきょんにインタビュー!


Q1.入社する際、リモートワークをすることについて何か不安はありましたか?
僕個人の不安としては、
実は元々インターネットでチャットのやり取りをすることが小学生の頃より十年以上続けていたため、チャット自体への不安は全くありませんでした。
ただ、仕事という形式上本当にチャットを使いコミュニケーションを取る事が本当にできるのだろうか?(業務的な会話だけではなくプライベートな事とか話せるのかな?とか)
という点や、
フルフレックスで本当に働いていけるのか?自分が働いてることどうやって証明すればいいんだろう!どうすれば伝わるんだろう!!
など懐かしい葛藤がいっぱいありました。笑

ただ不安なのは僕だけではなく、リベラルアーツ側も多く不安があったと思います。
当時のリベラルアーツでは完全リモートワークのスタッフがまだおらず、最初からリモートワークっていう試みは僕が始めてでした。


Q2.実際にリモートワークをやってみてどうでしたか?
働き始めて、自分でやる作業・仕事の範囲も自分決めるため本当に信頼ベースなんだなあと改めて実感致しました。
タスク管理はどうしよう?コミュニケーションはどう取ろう?距離感はどれくらい?どうやって自分から発信していこう?
最初は考えが足りなかった所や、失敗も特に多かった気がします。
会社側が信頼してくれているんだから自分も信頼にこたえるために頑張らなきゃ!と色々試行錯誤していました。勿論これは今でも変わりませんが。笑

信頼ベース・個人の主体性・責任を大事にするという考え方は、体験入社の掃除の時間に掃除する場所をパッションさんに聞いた時に「掃除する場所は自分で探して掃除するんだよ」と教わった事が第一のきっかけでした。
最初は戸惑いましたが、もしかしたらこれが当たり前の事なのかもしれません。
ただ、それまで自分が務めていた会社では何からなにまできっちりとやることを決められていて、「これが終わったら次コレやって」と渡されたり、管理するのみで「自分から考えて動く」「相手を信頼して任せる」という事を忘れていたのかもしれません。
その後の業務でも段々と自分の中で考える事を身につけ、昔とは見違えるほど意識的に働けてきていると思っています。

僕がリモートワークで実際に働いてみて大事だと思ったことは、
「どんな仕組み・事柄でも自分で考える、自分で責任を持つ、そして仕事をこなしていく上でうまれる信頼関係を大事にしよう!」
ということ。
中でも特に「信頼ベース」という考え方が大事だと心から思っています。

リモートワークはサボろうと思えばいくらでもサボれます。誰も監視していませんし盗聴器や監視カメラなんかもついていません。
さらにフルフレックス制度で24時間いつでも働けるので、個々が働いている時間もわかりません。

そんな働き方の自由がある、自由に働けるのも「信頼」があってこそ。
こんなに信頼されている、こんなに自由を与えられている。
だからこそ、「責任」を持ちしっかりと成果物を作ったり、しっかりとした考えを持って物事に取り組み信頼関係を積み上げていく!

そして自分からも「自由」を広げていけたら、とても楽しいと考えています。


さて、少し真面目な話が多かったでしょうか。
今社内で 使われいる個人の「つぶやきチャット」「どこでもランチトーク」など今ではリモートワークスタッフでは欠かせない物が多くあります。
こういった社内の仕組み・制度なども自分たちが考えて実践してみる、そしてダメならやめる。から生まれたものです。
最近では「どこでも飲み会」なども開催されどんどんリモートワークスタッフのコミュニケーションの幅もどんどん広がっており、以前よりも格段に賑やかで楽しくなっています。
リモートワークだからって「自分の考えを発信できない、しづらい」事はありません!
どうすればリモートワークスタッフのコミュニケーションがより捗るか、考えて提案して実践いきましょう!ダメならやめちゃえGO!GO!


Q3.現在リモートワークをしていて大変なこと、困っていることはありますか?
家から出る機会が格段に減りました。

確実に「運動不足」が一番の課題であり大きな壁です・・・。
今は若いですが、歳取った時厳しいかなあと。
しかも最近太ってきたんです・・・。
一番痩せていた同身長の頃より20kgは増えたなぁ・・・(白目)


Q4.3で答えていただいた内容について、何か対策や意識していることなどはありますか?

はい、このままじゃダメですよね。わかっています。
先月からお休みの日にジム通い出しました。
ただもっと通う頻度増やさないととは思っているのですが・・・ムムム・・・。

・・・。

自分の中で答えが出ていますよね。増やさないとなんです・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

ふ、増やします・・・。
(自分を追い込む)

むむむ、運動不足…。(´;ω;`)
これはもう私達のようなデスクワーカーには永遠の課題…。
自宅勤務となると尚更で、きょんきょんもわかにゃんも共通の課題のようですね。(^_^;)

ぜひスポーツ補助制度を利用して、心身ともに健康、リフレッシュしなくては!ですね!!∠( ゚д゚)/

私もジムもっと行こ…(小声)



ちょっと真面目な話としては、コメントにもありましたが、きょんきょんは完全なリモートワークで働くスタッフとしてはリベラルアーツでは初のスタッフでした。

・どうやってリモートのメンバーが疎外感を感じないようにコミュニケーションを取るか
・表面的なことではなく、より深い所を共有して進めていくという意味での仕事を円滑に進めるにはどうすればいいか


といったことを一緒に試行錯誤・模索して作り上げていった気がしています。

ですがまだまだもっと良くしていけると思うので、これからも きょんきょん や わかにゃん 筆頭に、
リモートワークという働き方を根付かせパワーアップさせて、事務所のある都市部だけでなく、地方にいるまだ見ぬ仲間とも積極的にリモートワークで働いていけるようになりたいですね!!(^^)