ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、リベラルアーツでは少し前からこれまでの中途採用に加えて本格的に新卒採用を開始しております。

新卒…今となっては懐かしい響きです…(・∀・) 笑

私も新卒での就職活動の時のことを思い返してみると、正式に働いた経験がなかったので、やっぱり実際「どこの会社に応募いいのか分からない」と悩んでいた気がします。
たくさんある求人募集を見てみるものの、

・自分にあっている業界・会社はどこだろう?
・自分がやりたい仕事はなんだろう?
・自分ができる仕事はなんだろう?

が分からず。
そしてどの求人を見ても、最初は全部同じに見えていました\(^o^)/
きっと今の新卒の方にも少なからずそんな方がいるのではないでしょうか?

というわけで、少しでも新卒の皆さんが入社後のイメージを抱いてもらいやすいように、


恒例、
ぱっしょんのスタッフインタビュー
を敢行しまっす!!( '∀`)つ
c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_s

今回はスタッフの皆に

「皆さんがリベラルアーツに入社を決めた理由を教えて下さい。
そしてどんな人とこれから働きたいですか?
(どういう人になら笑顔で自分の給料減らせますか?)」


という質問をしてみました!!!!
中途採用でご応募いただく方にもきっと参考になること間違いなし。

今回は先日新しくプログラマーとして入社した方含め、たくさんのスタッフが当初の予想を遥かに超えてガチでインタビューに協力してくれました♪
※なぜ「給料を減らせますか?」なのかについては、こちらの「採用基準と採用の裏話」の記事参照 


はい、ではトップバッター。

今月11月にプログラマーとして新しくリベラルアーツの仲間になった「わかにゃん」へのインタビューからどうぞ★
わかにゃん初出しですねwうふw(*゚▽゚*)


Q:わかにゃん さん はなぜリベラルアーツに入社を決めたのですか??

 つい最近、今年11月に入社となりました わかにゃん です。
 私がリベラルアーツに入社を決めた理由は、ずばり「自由な働き方」と「ミスマッチがなかった」ことです。
 まずは「自由な働き方」ですが、「リモートワーク」と「フルフレックス」のこの二つの働き方。採用ページでも大々的にアピールしている、現在のリベラルアーツを象徴するものです。
 なぜこの働き方にこだわるに至ったか、少し長くなりますがこれまでどのように働いてきたかを少し長く書かせて頂きます。

 私は、リベラルアーツに中途採用で入社する以前は、異なる業界で働いておりました。1社目は、中小の機械部品メーカーに新卒採用で入社し営業事務を約5年程勤めていました。2社目は、中堅ゲーム開発会社へプログラマーとして転職し、インターンシップを合わせると3年程働いておりました。(1社目から2社目のジョブチェンジに驚く方がいらっしゃるかもしれませんが、今回のテーマとは少し掛け離れるので、後日お話しする機会がありましたらまた。)

 なぜ2社目を退職するに至ったのか。それはずばり「結婚」です。
 私はアラサー女子からそろそろアラフォー女子にレベルアップする妙齢のお年頃なのですが、結婚を機に人生を自分だけのものと考えられなくなったことが大きいです。パートナーと(まだ出会っていませんが)これからの自分の人生の一部になるかもしれない子供と、一緒に家庭を築いていくことなります。前職のゲーム開発会社に関しては、仕事内容は気に入っていて職場の雰囲気も悪くなかったのですが、ゲーム開発とはなかなかに過酷な労働環境でして、家族との時間を持つには厳しい職場でした。私の職種がプログラマーだったこと(ゲーム開発現場ではプログラマーが最後まで開発に拘束され、バグが出たら修正しないといけないのです。そのままリリースされたら大炎上するから汗)と、折しも結婚前から開発に携わっていたソーシャルゲームの運営を引き続き担当していたので、新婚とはいえ、なかなかハードな生活に疲れていました。
 サーバが止まれば土日夜中と関係なく電話が鳴る。子作りに専念したくても代わってもらえる人員が少ない。そして、職場に既婚女性がいなかったこともあり、独身でバリバリ働いていた頃には感じなかった「働きにくさ」を徐々に感じるようになり、これからの人生を見つめ直すに至ったのです。

 主人と相談して出した結論は、故郷九州に帰ることでした。
 主人と私は偶然九州出身で、両親も健在で九州におります。結婚後も仕事を続けたかったことと、高齢に差しかかる両親の面倒をみやすいからという理由で、長年住んだ大阪を離れることを二人で決めました。
 Uターン帰省後は、一度は専業主婦になることも考えたのですが、十年近く働いた経験と、色々と苦労して出会えたプログラマーという仕事を簡単に手放すことができなかったので、「在宅」「産前休暇・育児休暇」」というキーワードを元に転職活動することにしたのです。
 しかし、さてどうしたものかです。どちらも採用する側にとってはハードルの高いキーワードですよね。30半ばの既婚女性で、これから子作りを宣言している。つまりすぐ辞められそう。ましてや在宅でどんな様子で働いているか会社側から見えない。そんな人を雇う会社があるだろうかと「普通」の感覚なら思います。私もそう思います。

 ただ採用されやすいように嘘をつくのは簡単です。
 「新婚ですがしばらく子供を作る気はありません」「家庭はありますが仕事が優先です」そう言えば、一応経験があるのでどこかには決まるだろうと考えましたが、結局子供ができたら会社に迷惑をかけてしまいます。「え?!言ってたことと違うじゃん!」と。私もバツが悪いです。(子供ができることはもちろん悪いことではありません。むしろもっと子作り・子育てが職場でも自由に話せたり相談できる環境であればいいのですが。)
 つまり「ミスマッチ」を起こすことは、採用する側もされる側もリスクが高いのです。
 ですから私は、最初からバカ正直に自分の状況と思いを話そうと思っていました。
 そこは妥協しない代わりに、多少柔軟に働けるのであれば、未婚や子供がいない方とも同じ、いやそれ以上の成果を出すための努力をする気持ちでいました!

 そうして、様々な転職媒体を探して見つけた「蜘蛛の糸」が、「リモートワーク」と「フルフレックス」でした。
 これなら私自身の現状と未来設計に適う!
 そう思ってからは早かったです。

 そこで出会ったのがリベラルアーツでした。
 まず、採用ホームページを見た感想は「私に向けての応募だろうか」というほど条件が合致したことに驚きました。「リモートワーク」「フルフレックス」はもちろん、フレキシブルに働ける社風と環境、そしてそれに至った思いが正直に書いてありました。(詳しくはここ
 いい意味で「企業然」としていないところにも惹かれました。
 会社の方向性をスタッフ全員で相談してみんなで決めていくということについては、本当にそうなの?と疑心暗鬼な所もありましたが、実際にそうで驚きました笑。普段からスタッフ全員が思ったことを思いついた時に話し合っている姿勢は、採用応募者に向けてもそうなんだなぁと改めて感じています。
 弊社では体験入社が二日間あります。その間、ランチトークや改善時間(整理整頓や掃除、リフレッシュのためのラジオ体操 など)を経て、最後には打ち上げでざっくばらんに全員と話をすることができます。そうすることで事前に社内の雰囲気が分かり、一緒に働く人がどんな人間なのか知ることができます。
 おかげで面接と体験入社を経て「ミスマッチがない」ことが入社前にも十分に分かることができました。採用条件もメンバー全員に認められること。多数決ではないのです。厳しい条件の中、選んで下さったスタッフに感謝です!こうして、入社に至りました。


Q:今後、どんな方に弊社に来て欲しいですか?


 数ある会社の中からリベラルアーツを選んだ理由はなんでしょうか。
 そこを素直に正直に突き詰めてほしいのと、その理由となった部分をもっと良くするにはどうしたらいいかを一緒になって考えて頂けたらと思います。
 日々の不満や不安をそのままにしない思考と行動力、それを他人に説明する・伝えようと努力する方に来て頂けたら嬉しいです。

 少し抽象的になりましたが、少し噛み砕いて、厳しい表現をしますと、常に自分で考えて行動できる方でないと、恐らく一緒に働いて面白さを感じません。
 リベラルアーツはまだ十人足らずの小さな会社です。総務は総務、人事は人事、開発は開発といった縦割りの専門部署はありません。中規模以上の企業なら、それは自分の仕事じゃないからと断れる仕事も、当社では関係ありません。各スタッフの手持ち作業の状況を見て、雑務から始まり様々な仕事を回しています。それはこれから入る新卒採用の方も同じです。私が過去経験した二つの会社では、自分の仕事以外は関係ないと知らんぷりしたり文句を言うこともできました。リベラルアーツで同じ態度でいたとしたら、おそらく情報共有が滞り業務が停滞、他のスタッフの手も煩わせる等の悪循環が生まれ、業績も落ちることでしょう。
 他社であれば上司や先輩の指示を聞けば当たり障りない、過去はこうやったからという理由で次も同じ方法を取る。こういったこともリベラルアーツでは推奨していません。まず上下関係がほとんど無く、若い会社なのでノウハウも現在進行形で構築中なのです。
 あなた自身が中心となり責任を持ってやっていかないと、おそらく苦痛だけを感じることになるのではないでしょうか。新卒にそういったことを求めるのは筋違いなのではと思われるかもしれませんが、そういう考え方の方にとって働きにくい職場です。

 以上を踏まえて、それでもリベラルアーツにご興味がありましたら、採用フォームへ是非あなたの感じたことをぶつけて頂けたらと思います。


わかにゃんさん、内なるパッションにあふれた熱いコメントありがとうございました!!
ちなみに わかにゃん はプログラミング経験者なので、入社後早速私とチームを組んで一緒に新しいWEBサービスを作っていってます♪
もうこれはあれですね、チームパッションでいくしかないですね。笑
早くリリースできるよう一緒に頑張りましょう〜(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


今回はここまで!
スタッフの皆が本当に一生懸命インタビューに答えてくれてかなりのボリューム感なので、数回に分けて更新していこうと思います!!次のインタビューは誰にしようかなっと(*゚▽゚*)