前回の宣言通り登場、ぱっしょんです。笑

今回もタイトルの通り【期待の新人プログラマー「とうふ」にインタビュー!後編】ということで、前回に引き続きインタビュー記事を掲載してまいります!

rokuro
とりあえずWEB系記事あるある、ろくろ回しのフラグ回収!(・∀・)
元ネタが気になる方は「WEB ろくろ」で検索しましょう。笑


はい、お遊びはこの辺にして、いざ後編スタート!

【とうふ基本データ】※書き手による一部脚色アリ。前編と同じもの。
あだ名:  とうふ/ToFu/豆腐
二つ名:  機動戦士スポンジ
性別:   オシャレ系オタク女子
年齢:   花の20代前半
担当職種: プログラマー
採用枠:   中途採用/プログラミング未経験での入社(※学生時代にCobolを勉強)
入社歴:   約4ヶ月


Q,プログラミングをしていて、どんなところが大変ですか?
当たり前ですがプログラムが書けるようになること・・です。
「わかるとできるは違う」とWeb講座の先生が言っていましたが、まさしくその通り。です(汗)
勉強して関数などを覚えても、実際の開発では「どんな風に使うの?どんな動きなの?」という感じで、イメージがわきにくいです。
いっぱい覚えてもいざ「じゃ、◯◯するプログラム書いてみて」と言われると何から書けばいいのかわからず、フリーズ状態になって、最終的に「わからないことがわからない」という状態に陥ります。
これに関しては、実践あるのみなんじゃないかと思います。実践でまた覚えることも増えますし、技術の付いてなさにも愕然としますが、とりあえず諦めずにプログラミングに触れていけば、できるようになると信じています!!!


Q,では逆にどんなところが楽しいですか?
プログラムが実際に動いたときです!!!
初めて自分で作ったメールフォームから自分のiphoneにメールが送れたときのあの感動・・・!(笑)
初めは仕組みも「???」でエラーばかりなので心が折れそうになりますが、それを解決できたとき、エラーの原因を見つけたときの喜びはひとしおです。
一歩一歩階段を上っていく感じでスピードは遅いですが、できることが増えて自分が成長してる〜〜!という実感がとてもあるのも楽しいところだと思います!
あとはもっと高度な技術を使ったり、自分で効率的なコードを考えて書けるようになればもっと楽しいんじゃないかと思います。


Q,今のとうふさんにとってプログラミングとは?
仕事でもありますが、今の自分を成長させてくれているものだと思います。
技術的なスキルも目標も高めてくれているきっかけになっています。
今後はもっと技術をつけて、「自分の武器です!」と言えるくらいにプログラミングができるようになっていきたいと思います!


Q,今後どんなプログラマーになっていきたいですか?
まずは「リベラルアーツのプログラマーです!」と胸を張って言えるようになりたいです。
スタッフやユーザーが困っていたり不便と思っていることを解決したり、自分の得意を活かしたプログラムが書けるようになって、いつかは先輩からもあいつすごいって言ってもらえるようなプログラマーを目指したいです! 


Q,最後に、弊社は未経験者も採用していますが、これからリベラルアーツに入社するかもしれない未来のプログラミング未経験者に向けて何か一言!
未経験でも、プログラムが楽しい!と思える方であれば頑張り次第で身につく技術だと思います。(そうであってほしい!笑)
大変なことも多いですが、弊社理念に共感し、一緒に切磋琢磨しあえる方をお待ちしておりますー!!


ここでインタビュー終了。

未経験入社のとうふさんが、苦しみつつ楽しみつつプログラミングを頑張っている姿が伝わったのではないでしょうか?
私はデザイナーですが、同じ未経験入社なのでその苦しみがなんとなく分かる気がする…w( ̄ー ̄)ニヤリ
頑張れとうふ!負けるなとうふ!!ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ 

リベラルアーツでは業界未経験者も採用しております。
「未経験での応募だけど、リベラルアーツとプログラミングに興味がある!でも本当に大丈夫?」という方にとって、このとうふさんの頑張りがご応募のきっかけになれば幸いです!(^o^)
もちろん経験者の方もリベラルアーツでは大歓迎です♪ 


 皆様からのご応募、心よりお待ちしております!!!